学生の声

第三期生

石川禎子さん

EAAは、自分とは全く異なるバックグラウンドを持ち、興味分野も多様な仲間と出会い、ともに成長しあえる場です。必修のゼミは学生らが考えを自由に発表して議論を重ねる場となっており、学科の学習や研究だけでは身につかなかったであろうしなやかな発想を得て、視野を広げることができます 。私の関心のある分野は日中関係で、今まで国際関係論や中国関係の授業を履修することが多かったため、一つ分野の知識・考えばかりを深めていましたが、EAAの仲間から哲学や経済など全く専門外の分野の視点を知ることで、自分の考えに以前よりも深みが出てきたように感じます。

また、EAAの素晴らしい点は、希望すれば北京大学の元培学院に一学期間留学し、東大とは異なるフレームワークで学ぶことができることです。元培学院の必須授業「东亚人文社会经典(東アジア人文社会古典)」では、曽国藩の『原才』や毛沢東の著作などEAAの必修で読む文献とはまた毛色の異なるものを多数読み、ゲストスピーカーの先生の講義を聴きつつ、先生・学生が一体となって議論し理解を深めます。元培学院の学生は必修の授業以外はどの学部・学科の授業でも基本的に自由に履修できますので、私は中国政治概論や中国古典などの授業も受講しました。それらの授業で中国独自の視点を知ることは刺激的でした。例えば、中国政治概論の授業では「中国は秦の時代には今のEUの形態を作り上げている」という見方が紹介され、恐らく自分が東大で学んでいるだけでは触れることのなかった考えですが、面白い見方だと感じました。北京大学での学びは、私にとって大変貴重な体験です。


川戸健太竜さん

東アジア藝文書院(EAA)の存在を知り、EAA-Youthに応募しようと思い立ったのは、EAA院長の中島隆博先生と、哲学者のマルクス・ガブリエル氏の対談である『全体主義の克服』を読んだ時でした。哲学のフロンティアを見据えるお二人は、閉鎖的な世界を切り開く新たな「言語」の可能性について語っており、心を撃たれました。自分が見ている世界が言語によって構築されているということを自覚して初めて、また違った世界について考えることができます。そして、言語を用いて世界を表現し、語り合えることの限界に挑戦する哲学の営為は、本当に魅力に溢れていると感じます。

EAAではそういった哲学の魅力を体験することができると自信を持って言えます。学部生から大学院生、一流の教員の方々が同じ部屋に集まり議論する機会は滅多になく、多岐にわたるイベントや授業を通して多くを学ぶことができます。また、哲学・思想がメインテーマではありますが、その対象は社会現象やテクノロジーなどにまで及び、各分野が協奏する駒場のリベラルアーツが実践されています。そして何より、様々な人たち・テーマに溢れたEAAは偶然性に開かれた学び場であり、各々にとっての新しい思想との出会いが待っているだろうと思います。


夏 夢琦さん

私は EAA プログラムに参加し、大学時代に中国と日本の両方を経験する機会を得ることができました。EAA プログラムでは、「書院」という言葉が示すように、何を学ぶのかを自由に決められます。また、毎月のユースミーティングでは、研究や悩みを共有し、異分野の学生と交流する機会も得られます。

また、コロナ禍の影響で両国間で留学することが難しい状況の中、EAA は東京大学・北京大学双方の学生にお互いの学校で勉強する機会を与えてくれました。日本に留学していた私にとって、中国の大学も未知の世界であり、EAA のプログラムを利用して 3 年ぶりに中国に戻ったことで、新たな体験を得ると同時に、逆カルチャーショックを受けました。中国と日本の違いや共通点について、より深く理解することができました。日中両国の間に「求同存異」の前提としては、「同じこと」と「異なること」を知るこが求められます。これは EAA が「リベラル・アーツとしての東アジア学」を進める上で念頭においていることの一部だと私は考えています。私に日中両国で学ぶ機会をもたらしてくれた東京大学・北京大学及び二つの高校、そして、日本での留学生活を支えてくれた国際交流基金とヒロセ財団のおかげで、勉学に集中できたことに感謝いたします。EAA に参加する間に、両国の共通点と相違点により多く触れ、思索を巡らし、東アジアの一員としての見方を養うことができればと思います。


杜 洋霆さん

East Asian Academy for New Liberal ArtsはEAAとして略されているが、New Liberal Artsの部分もEast Asian Academyと同じく大切だと考える。東アジアでのリベラル・アーツではなく、リベラル・アーツとしての東アジア学を構築する研究、教育プログラムである。名前から東洋と西洋、古典と近代、官学と私学の融合が感じられる。古典と近代の自由七科にとどまらず、それを基礎として30年後の未来に必要とされる学問を探そうとしている。

プログラムの国際性が日本語、中国語と英語をともに使うことで表されているだけでなく、たとえ英語だけが使われる授業でも、違った国家又は地域と世代の人の英語が聞こえるので、外国の情報を少なからず得ることができる。さらにユースミーティングの3分間トークで他の学科の知識と活動を知ることができ、30年後の未来に大切と思われる学際性も重んじられている。

自分は自然環境や資源に関わる分野を学んでいる。それゆえ、環境問題のような解決するには、国家、分野および世代間の協力が不可欠となるような機会がますます増える事になると考えている。この三つのバリアが、EAAの中ではむしろひらめきの源となり、知識と発想が満ちた環境で自分と自分の専門分野の新しい可能性を発見することが、このプログラムの魅力と意義のあるところだと思う。


第二期生

熊木雄亮さん

東アジア藝文書院(EAA)は、「書院」という言葉が示すように、先生と学生たちが、様々な文献や知識を礎としながら、共に思考と実践を重ねる共同体である。したがって授業において生徒たちには、講義に加えて、先生や学生が一体となって議論を行う機会がある。さらにEAAの授業では、東アジア学に焦点を置きながら、様々な研究分野から先生が招かれ、EAAユースも異なる学部から集っている。EAAユースの必修ゼミである東アジア教養学を例に挙げると、2020年度Aセメスターでは東アジアの近代文学に焦点を当てたのに対し、2021年度Sセメスターでは環境保全や持続可能な開発について扱った。EAA内外の様々な先生や、異なる経験を有する学生と、活発に議論を行えるのは大変貴重な機会である。

EAAの大きな特徴の一つはやはり、日英中の3言語で行われるプログラムだということだろう。学問の世界においては、言語能力そのものの高さよりも、その言語を通じてどんな考えや意見を表現するのかが重要であり、3種類の言語が使いこなす能力があっても必ずしも賢いとは限らない。では、なぜEAAは日英中という多言語性を有するのか。その理由の一つはやはり、日本で東アジア学を学ぶ上で日英中の3言語が強力な武器になるからであろう。EAAには、言語の壁や日本での教育という囲いを飛び越えて、何かを学んだり発信したりできる環境がある。その環境は、日中両言語の母語話者だけでなく、大学で日本語や中国語を学び始めた学生にとっても居心地の良い場所だと私は確信している。あなたが何かの事象や問題に対してどのような意見をもつにしても、その意見は様々な情報源や知識、経験をもとにしていることが望ましいはずだ。EAAが有する多言語の環境に身を置くことで、自身の視野を広げることができ、そしてこの特徴こそがEAAをより一層特別な環境たらしめているのである。


楊暁龍さん

EAAには、生徒によるユニークな活動を奨励し、サポートを提供する環境が整っています。私が シンガポール国立大学の湯教授との組織横断セミナーを主催した際には、石井教授と具博士が、私の企画を後押しするだけでなく、多くの時間と労力を惜しみなく費やし、サポートしてくださいました。

EAAは、豊富な学術リソースを共有するコミュニティでもあります。 EAA-Youthとして、EAAでの最近の活動について情報を入手するため、毎月会議に参加するよう求められます。これは、新しい研究結果や考察を友人達、先生達と共有するための素晴らしい場でもあります。

EAAでは、「30年後の世界」に向けて知的想像力を養うことを主に目指しています。そのため、どのような学問的関心を持つ人でも、ここでは自由に意見を述べることができます。私は、計量社会科学という分野に関心があるので、今井先生の著作『社会科学のためのデータ分析入門』について発表し、様々な専門分野の先生や学生達と議論をしました。新たな知識を探求し、身に付けるための本当に素晴らしい場所だと思います。


徐銘浩さん

高校の時、「知識(knowledge)と知(knowing)の相違について自分の意見を述べよ」という小論文の課題がありました。今の私にとっては、とても難しい課題です。言いたいことが沢山あり、何をどう書いても書き足りないかもしれない。しかし、その時の私は自信過剰で、恐れを知らずに書き始めました。アカデミックな考え方や研究方法にすっかり馴染んでしまった今の私であれば、このような問題に対する自分の限界をある程度知っているため、力不足だと嘆き尻込みしてしまうかもしれません。ですがEAAに参加して以来、あの時のナイーブさが、考えが甘くとも自信満々の自分が、多少なりとも戻ってきた気がしています。今年のテーマ「価値と価値観」を最初に目にした時、このような大きなテーマで果たして大丈夫だろうかと半信半疑で不安を抱いていました。さらに20分の発表課題に、相当な焦りを覚えました。しかしそれがきっかけとなり、アカデミックな自分でなく、一人の人間として自分の偏見や欠陥を全て受け入れ問題に取り組み、有意義な対話を重ねることができました。その大胆さをもって実を結ぶことができたのが、不思議でなりません。いや、大胆さではなく「NOT KNOWING」、つまり「未知である」ことが実を結んだのかもしれません。私は、自身を「謎々星人」と呼ぶ佐藤先生の姿勢に感銘を受けました。謎とは本来、「未知であること」を指すのではないでしょうか。それぞれの「未知」に情熱を注ぐ佐藤先生の授業に、私は強い共感を覚えました。高校の小論文課題を今改めて考えたとき、「知識(knowledge)」が既に決められたもの、旅の終わりを指すのに対し、「知(knowing)」は未知から生じる旅への期待、楽しみ、そして無限の可能性を指す、と答えたいです。そして長時間にわたる対話、白熱する議論、難解な本や自分自身の言葉遣いへの絶望・・・それら全てを易々と抱え込む。まだ知らない未来のこと、「謎々星人」の自分をも。


青馨さん

EAAは単なる東アジアの歴史・政治・芸術・文学・社会をめぐる研究プログラムではなく、「30年後の学問を作る」というテーマに着目し、自分のもつ問題意識や現時点での議論が数十年後の東アジア研究と社会にどのような影響を与えるのかを考えさせられるプログラムです。必修ゼミでは様々な分野で活躍する研究者の著作を読み、講演内容に基づいてゲストスピーカーと議論をし、多様な視点やフレームワークを通して東アジアと学問そのものを再検討できるため、とても意味があると思います。今まで定量研究に関する知識が少なかった私は、この授業を機に量的な研究アプローチを学び、そのことがアジアにおける生態学と環境問題を分析する際の大きな助けになりました。

またEAAでは、多様性と批判力が重視されています。多くの講義では日・英・中の三言語が使われ、語学力を活用して授業で扱う文献や事例を検討します。国籍・所属・研究の方向性の異なる受講生が互いのアイデンティティーや意見の相違を尊重し、社会的な問題に関する理解を深めるのも、このプログラムの魅力的な点です。読書会・講演・オンラインフォーラムで自発的に自分が興味を持つ研究課題と著作を皆と共有するのも、とても良い勉強になると思います。


第一期生

籔本器さん

必修ゼミでは、古今東西の様々な文献を購読しその基礎にある思想を理解した上でプログラム生の間で議論を発展させることができる。私の履修した2020年度Sセメスターのゼミでは、西洋・東洋の文献だけではなく時には日本の古典作品をも扱ったため、地域概念としての東アジアを超えて複眼的な視点から過去の思想に関する思索を深め、現代社会における諸問題に応用することができた。

東アジア教養学プログラムには学生がより主体的に活躍できる企画もある。中国で近年注目されている政治学の概念である「天下概念」についてまとめられた最先端の論文を輪読し、これを日本語に翻訳するという企画が学生主導で進められている。この実践を通じて参加学生は、中国語の能力を向上させることができるのはもちろんのこと、中国政治学という学問資源を最大限活用することで新たな視点に基づいて自らの知見を深めることができた。


円光門さん

このプログラムの特徴は、何と言ってもその多言語性にあると思います。授業や集中講義における議論では日本語、英語、中国語が状況に応じて使い分けられ、扱う文献も一つの言語に統一されることはありません。通常の文献講読のゼミでは、どの訳のどの版のテクストを使うかということが予め指定されますが、ここではむしろ受講生がそれぞれ読んできた訳語の差異を楽しむことの方が求められると言ってもよいでしょう。

このプログラムにおいては、単一性が複数性に、同一性が差異性に、そして大学がuniversityからdiversityになることが目指されるからです。しかし、かといってテクストそのものにこだわることの重要性が軽視されるわけでは全くなく、むしろその逆で、プログラムの必修授業である東アジア教養学理論と東アジア教養学演習では、比較文学がご専門の王欽先生と哲学がご専門の張政遠先生という二人の素晴らしい先生方からテクストに対する向き合い方を徹底的に伝授されます。特に、東アジア教養学理論では毎回異なるゲストの先生方が王先生や張先生と特定のテクストについて議論を展開するので、受講生はこうしたプロフェッショナル同士の熱い対話の中で醸成される生き生きとしたテクスト読解の実践を目撃することとなるのです。


孔德湧さん

本プログラムでは必修授業として毎週2回の講義並びにそれに基づいて学生と先生で自由に議論するセッションが2回、合計4回の授業が行われる。毎回の講義で本を一冊扱うため、週に本を2冊読む、全部読めなくてもある程度要点をつかまねばならない。つまり膨大なインプットを行った後に、その内容を自分なりに考え、それをアウトプットする機会が週に2度もある。しかも、言語は英語がメイン。多くの人が想像する通り、これはかなり大変である。

なぜこんな大変なことをするのか。思えば、多くの人は大学に入るまでは勉強に時間を費やし、大学に入ってからはサークルなど様々な活動に時間を費やすようになる。我々は常に何か活動することで現実にコミットするが、その中で勉強する意味とは何であろうか。太宰治はかつて勉強で大事なのは、「カルチベートされること」、つまり心を耕し広くするということだといった。そして、勉強で覚えたことは全部忘れてしまってもよく、「その勉強の訓練の底に一つかみの砂金」が残っていれば良いという。勉強することを通じて自分の心の底に残った一つかみの砂金を、我々は思考によってたえず磨き上げ、他者との交流の中でその砂金を他者にも共有し、他者からその人の砂金をもらう。そう思うと、EAAの週4回の「大変な」授業はまさにこのプロセスを日中英の3ヶ国語をまたいで高速で行う究極的な「カルチベートされる」ためのプログラムである。

加えて、EAAを通じて東アジアから新しい普遍を考えたいと先生方はいう。東アジアから普遍を考えるという誰も答えを出したことがない未知なテーマに向けて大学の先生と学生と共に挑むことによって得られる「砂金」はすこぶる特別なものであろう。本プログラムへの皆様のご応募を心よりお待ちしております。


熊文茜さん

EAAは他のどのプログラムとも違う。必修ゼミがあり、集中講義があり、北京大生との交流もあり、かなり包括的だ。この一年間の中で演習の授業、それから集中講義は頭の方に参加することができたが、そこでの感想についてここでは綴ろうと思う。

まず、演習の授業は先生の講義とその後のTAセッションの2パーツで構成されている。その週の課題図書を読み、それについての先生の解釈、解説を最初のパートで聞くことができ、後のパートでは自分の感想に対する学生の反応、他の学生の解釈などを聞くことができる。そこで毎回そのテキストについて自分が読めていなかった箇所や、誤った解釈、偏った解釈をしている部分を知ることができた。

夏に行われた北京大生との集中講義に関しては最初だけ顔を出して、残りはチームの中の調整役に徹した。北京大生の頭の良さ、それからプログラム生とも更に親睦を深めることができた。

このプログラムでは人とのつながりと知性の向上とが密接に繋がっていると思う。自分一人で学べるものは限られているが、他者との交流の中でその学びが磨かれ、昇華していく。この一年間多くの学びがあったがこの気づきが最も大きな収穫だ。これからどんな道に進もうとも、この姿勢を大事に励みたい。


金城恒さん

EAAの必修ゼミでは毎週一冊、古典として位置付けられるテキストを読みます。テキストを読んでいると、いま自分が持っている社会あるいは自身に対する問題意識を何十年も前に既に持ち、かつ真剣に考え抜いた人がいるということに気付かされます。そして、そのテキストを土台としてプログラム生と議論することを通じて、一人で考えるより遥かに開かれた物の見方ができるようになったと思います。

また、多言語性もこのプログラムの重要な特徴です。EAAでは日・英・中の三言語を使います。英語ができる、中国語ができるという言語の運用能力とは全く別の問題として、私は日本語という母語の枠組みの外に出ることには非常に意味があると思います。日本語の中で生まれ育ち、普段日本語で思考している私は、英語や中国語でテキストを読み、相手の意見を聞き、そして自身の考えを表現することを通して、母語の枠組みの中にいては考えもしなかったような多くのことに気付かされました。

私にはこの1年間、EAAのプログラムを通じて自分の世界が広がったという感覚が確かにあります。皆さんもEAAのプログラム生になりませんか?