イベント

EAAオンラインワークショップ
石牟礼道子と世界を漂浪(され)く

【日時】
2020年11月21日(土)14:00-18:00(日本時間)

【参加方法】

Zoomウェビナーを使用したオンラインイベントになります。
こちらから参加登録をお願いいたします。

【プログラム】

第1部
14:00-14:10  開会の挨拶 髙山花子(EAA特任研究員)・宇野瑞木(EAA特任研究員)
14:10-14:50  基調講演 宮本久雄(東京大学名誉教授)「アニマへの旅——本願の会とハン(晴恨)」
14:50-15:10  討論

第2部
15:30-15:50  発表1:宮田晃碩(東京大学大学院総合文化研究科博士課程)「亀裂としての言葉――『苦海浄土』と『椿の海の記』をめぐる言葉の主体性と共同性への問い」
15:50-16:10  発表2:建部良平(東京大学大学院総合文化研究科博士課程)「「苦海浄土」と共に:狂いと救い、そして笑い」
16:10-16:30  発表3:佐藤麻貴(東京大学連携研究機構HMC)「もの語るということ――主観と客観のはざま」

16:45-17:55  コメント・質疑応答・討論
18:00 閉会の挨拶 石井剛(EAA副院長)
コメンテーター 張政遠(東京大学大学院総合文化研究科)
司会 鈴木将久(東京大学大学院人文社会系研究科)

【使用言語】
日本語

【主催】
東アジア藝文書院(EAA)