イベント
要事前登録

フランスから見た#MeToo 運動——ラファエル・リオジエ 『男性性の探究』をめぐって

フランスの哲学者・宗教社会学者であるラファエル・リオジエは、#MeToo運動をきっかけに男性としての居⼼地の悪さを覚え、『男性性の探究』を書き出した。彼は、歴史的に培われてきた男性⽀配の構造を批判的に⾒直し、⼥性の意志を認めることによって男⼥関係を再編することを提唱している。本書の問題提起と中核的なメッセージは、議論を通して広められるに値する。本討論会では、フランスの思想・政治・社会・歴史に詳しい登壇者を集め、#MeToo運動とそれに関連する諸問題を多⾓的に検討する。

 

【日時】
2021 年7 月22 日(木)18:30~20:30

【場所】
Zoom ウェビナー ※要登録
こちらよりご登録をお願いいたします。

【言語】
日仏同時通訳 Japanese and French

【登壇者】
ラファエル・リオジエ
Prof. Raphaël LIOGIER エクス=アン=プロヴァンス政治学院教授
隠岐さや香
Prof. OKI Sayaka 名古屋大学教授
大嶋えり子
Prof. OSHIMA Eriko 金城学院大学講師
【司会】
増田一夫
Emeritus Prof. MASUDA Kazuo 東京大学名誉教授

【主催】
科学研究費補助金 基盤研究(B)「結婚の歴史再考——フランスの事情から見る(ポスト)結婚、生殖、親子、家族」
【共催】
東京大学東アジア藝文書院(EAA)

 

講談社BOOK倶楽部『男性性の探究』紹介ページはこちら

ポスターのダウンロードはこちら

 

※『男性性の探究』についての討論会は7月26日(月)にも開催します。ご参加ご希望の方は以下のリンクより、登録方法等、詳細をご覧ください。

女性蔑視はどうつくられるか――ラファエル・リオジエ 『男性性の探究』をめぐって