イベント

ジャーナリズム研究会 第8回研究会

【日時】

2022年9月11日(日) 14:30~16:50(開場14:20)

【場所】

東京大学駒場キャンパス 101 号館 EAA セミナー室
Zoom
ミーティング zoom 参加を希望される場合、こちらから事前登録をお願いします。
※セキュリティ確保のため、氏名、メールアドレス、所属を前日までにご登録ください。

【講演者・講演題目】

ピーテル・ヴァン・ロメル (Pieter Van Lommel)

「近代日本における教育ジャーナリズムの実態——雑誌『教育界』『教育学術界』『教育実験界』を中心に」

東京経済大学特任講師。専門は、近代日本における文学、教育、メディア。2005年にベルギーのアントワープ大学大学院で修士号(オランダ語と英語の言語学および文学)を取得後、2021年に筑波大学大学院で文学の博士号を取得。主な論文に、「雑誌『教育界』に掲載された小説群――地方教員 を読者層とする新たな近代小説」(『社会文学』49 号、2019年)がある。

矢田勉 (Yada Tsutomu)

明治期日本語表記の革新性——漢字仮名交り文の質的変化を中心に」

1969 年千葉県生まれ。専門は日本語学・日本語史、特に日本語文字・表記史。東京大学文学部助手・神戸大学大学院人文学研究科准教授・大阪大学大 学院文学研究科准教授などを経て、現在東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻教授。単著に『国語文字・表記史の研究』(汲古書院、2012)、 共著に『漢字系文字の世界 字体と造字法』(花鳥社、2022)など。

【司会】

前島志保(まえしま しほ)
東京大学大学院 総合文化研究科 教授(比較出版史、メディア史、比較文学・文化)

【懇談会】本会終了後に Zoom にて懇談会を予定しています。懇談会の URL は当日、お知らせいたします。
【連絡先】登録などに関して、なにかあれば
society.of.journalism@gmail.com までご連絡ください。
【共催】東アジア藝文書院(EAA)・ジャーナリズム研究会