EAA講演会「近代日本哲学の再考」

EAA講演会

「近代日本哲学の再考」

【日時】

10月21日(月)17:00〜18:30

【講演者】

佐藤将之 Masayuki Sato(国立台湾大学National Taiwan University 教授)

【講演タイトル】

漢学は如何に中国哲学になったのか? 明治時期日本における「中國哲學」の誕生

【会場】

東京大学文学部哲学研究室(法文2号館)

EAAのリサーチユニット「世界哲学と東アジア」(RU-P)では納富信留氏の企画で、佐藤将之氏(国立台湾大学)を招いて講演会を行います。佐藤氏は2019Sセメスターの「学術フロンティア講義」でも登壇し、「東アジアの視野から自分自身の人文学の未来を構想するために」という主題で三十年後の人文学をいかに構想するかを論じました。今回の講演会は「近代日本哲学の再考」と題し、文学部哲学研究室で行われます。奮ってご参加ください。

ポスターをダウンロード