【刊行】環境倫理学

名古屋工業大学准教授でEAA フェローでもある犬塚悠氏の論文が収録された「環境倫理学」が昭和堂より刊行されます。

 

 

昭和堂ウェブサイトより

環境倫理学

吉永明弘 、寺本剛 編集

【内容紹介】

環境問題を自分の頭で考え、実践するための倫理を、スリーステップを通じて身につける、テキストシリーズ第二弾。

【目次】

序 章 環境倫理学の歴史と背景――沈黙の春からSDGsまで(吉永明弘)

【第Ⅰ部 倫理思想と環境問題】
第1章 功利主義と環境問題――「最大多数の最大幸福」をめぐって(吉永明弘)
第2章 義務論と環境問題――人格の尊重と人間中心主義(寺本剛)
第3章 徳倫理学と環境問題――環境保護の実践のための徳を考える(熊坂元大)

【第Ⅱ部 「自然」と環境倫理学】
第4章 土地倫理――アメリカの環境倫理学の出発点(太田和彦)
第5章 自然の権利――生き物が人間を訴えた裁判が目指すもの(佐久間淳子)
第6章 生物多様性――種の存続、生息地の維持、遺伝資源の確保(吉永明弘)

【第Ⅲ部 「社会」と環境倫理学】
第7章 世代間倫理――将来世代にどのような環境を受け渡すべきか(寺本剛)
第8章 環境正義――環境リスクの公正な分配を考える(神沼尚子)
第9章 リスクと予防原則――科学技術のリスクに晒されるいのちに対する責任(山本剛史)
第10章 気候正義――共通だが差異ある責任とは何か(佐藤麻貴)

【第Ⅳ部 「地域」と環境倫理学】
第11章 風土と環境倫理――風景はどのようにしてできるのか(犬塚悠)
第12章 食農倫理学――私たちにとっての理想的な食とは(太田和彦)
第13章 都市の環境倫理――持続可能性と「空地」の思想(吉永明弘)
第14章 エコツーリズムと環境倫理――環境と観光の交差点から(紀平知樹)