【刊行】コロナ後の世界 ――いま、この地点から考える

東洋文化研究所教授でEAA院長の中島隆博の論文が収録された「コロナ後の世界 ――いま、この地点から考える」が筑摩書房より刊行されました。

 

 

コロナ後の世界 ――いま、この地点から考える

【内容紹介】

真の危機とは?未来はどうなるのか?
世界を襲ったCovid-19。
深刻かつ多方面にわたるその影響。
危機の正体と、到来する未来を、多角的に検証。

免疫学、精神医学、経済学、哲学・現代思想、社会学、医学史、政治学、科学史など、
第一線で活躍する知性による、圧倒的熱量の論集!

われわれは今、終わりなき終わりの時代を生きている――大澤真幸
このパンデミックにおいて我々が怯えているのは、実は自分自身に内在する免疫系の暴走なのである――小野昌弘
もし変革に向けた闘いがなければ、人々の暮らしはますます苦しくなり、生きづらくなった日常が延々と地味に続くだけである――松尾匡

【目次】

I ニッポン社会のクライシス
免疫からみえるコロナの行く末 小野昌弘(免疫学)
2020年のパンデミックと「倫理のコア」――「日本モデル」が示す人と組織の劣化 宮台真司(社会学)
コロナ・ピューリタニズムの懸念 斎藤環(精神医学)

II コロナ時代の新・課題
コロナショックドクトリンがもたらす円高帝国 松尾匡(経済学)
一汁一菜のコスモロジー――土井善晴論 中島岳志(南アジア地域研究、近代日本政治思想)
コロナ危機、民主主義、そして世界的連帯 宇野重規(政治哲学)

III 「その先」を深く考える
Covid-19のパンデミーと食肉の問題 鈴木晃仁(医学史)
「ポスト・コロナ・エイジ」を考えるためのエクササイズ 神里達博(科学史、科学技術社会論)
公衆衛生と医療――集団の救済と病人の救済 小泉義之(哲学・現代思想)

IV コロナ後の世界
〈不可知性〉の社会――〈不可知性〉に統治される未来をどう生きるか 柴田悠(社会学)
パンデミック・デモクラシー 中島隆博(哲学)
もうひとつの別の経済へ 大澤真幸(社会学)