刊行物
刊行

私たちはどのような世界を想像すべきか 東京大学 教養のフロンティア講義

「私たちはどのような世界を想像すべきか 東京大学 教養のフロンティア講義」が株式会社トランスビューより2021年5月25日に刊行されます。
本書はEAAが2020年度に行った学術フロンティア講義を収録したものです。

 

株式会社トランスビューウェブサイトより

「私たちはどのような世界を想像すべきか 東京大学 教養のフロンティア講義」

【内容紹介】

災害、疫病、環境、科学技術、宗教……
不確実な時代において、
30年後の未来を考えるために
〈世界〉と〈人間〉を学問の最前線から捉え直す11講

【目次】

第1講 「人新世」時代の人間を問う——滅びゆく世界で生きるということ…………田辺明生
第2講 世界哲学と東アジア…………中島隆博
第3講 小説と人間——Gulliver’s Travelsを読む…………武田将明
第4講 30年後を生きる人たちのための歴史…………羽田正
第5講 脳科学の過去・現在・未来…………四本裕子
第6講 30年後の被災地、そして香港…………張政遠
第7講 医療と介護の未来…………橋本英樹
第8講 宗教的/世俗的ディストピアとユマニスム…………伊達聖伸
第9講 「中国」と「世界」——どこにあるのか…………石井剛
第10講 AI時代の潜勢力と文学…………王欽
第11講 中動態と当事者研究——仲間と責任の哲学…………國分功一郎・熊谷晋一郎