刊行物
刊行

『資本主義はどこに向かうのか―資本主義と人間の未来』

東アジア藝文書院(EAA)副院長の中島隆博が寄稿した『資本主義はどこに向かうのか―資本主義と人間の未来』が白水社より刊行されました。

日本評論社HPより

『資本主義はどこに向かうのか―資本主義と人間の未来』
堀内勉・小泉英明 編著

【内容説明】

資本主義や市場経済への不信感が高まっている。学界・業界を超えてさまざまな叡智が集結し、資本主義の行方と限界を熱く論じる。

【目次】

はじめに…………………堀内 勉

第1部 資本主義の思想的背景

1 資本主義と普遍…………………中島隆博/大澤真幸

2 資本主義は二一世紀でも通用するのか
――哲学的考察 ………岡本裕一朗

第2部 現代資本主義社会が内包する課題

3 金融資本主義の基本概念の再考察
――ファイナンスの哲学 ………堀内 勉

4 日本型の資本主義の可能性
――渋沢栄一の合本主義を見直す ………渋沢 健

5 資本主義はどこへ向かうのか
――格差・日本経済・テクノロジー ………安田洋祐

第3部 資本主義への新たな人間的アプローチ

6 脳科学から見えてくる資本主義
――自然科学と人文学・社会科学の架橋融合 ………小泉英明

7 ゲノム人類学から見た資本主義
――“幸運者生存”の法則にもとづくヒトの進化 ………太田博樹

8 人工知能の技術進展と資本主義 ………松尾 豊

第4部 資本主義の行方

9 資本主義の終焉と歴史の危機
――二一世紀の利子率革命が意味するもの ………水野和夫

10 際限のない欲望と資本主義の行方
――経済史から見た新しい規範の社会的条件 ………小野塚知二

11 ポスト資本主義 ………広井良典

おわりに ………小泉英明