刊行物
刊行

いま言葉で息をするために ウイルス時代の人文知

総合文化研究科の伊達聖伸氏が共訳した『いま言葉で息をするために ウイルス時代の人文知』が勁草書房より刊行されました。

 

勁草書房ウェブサイトより

いま言葉で息をするために ウイルス時代の人文知

執筆者:カトリーヌ・マラブー/ジャン=リュック・ナンシー/キャサリン・ヘイルズ/アレクサンダー=ガルシア・デュットマン/エマヌエーレ・コッチャ/ペーター・サンディ/ミシェル・ドゥギー/オーレリー・パリュ/トマス・シュタングル/ブルース・キャンベル/ジャン=ルイ・シュレーゲル/フレデリック・ケック

編著:西山雄二

【内容紹介】

哲学・文学・歴史・人類学・宗教の観点からコロナ禍をどう考えられるのか。人文学者たちによるコロナ時代の証言と提言。

【目次】

はじめに 西山雄二

思想

カトリーヌ・マラブー/西山雄二 訳
 隔離から隔離へ──ルソー、ロビンソン・クルーソー、「私」
 訳者解題

ジャン=リュック・ナンシー/伊藤潤一郎 訳
 別の精神性(聞き手:ミロ・レヴィ=ブリュール)
 生政治症候群
 訳者解題

N・キャサリン・ヘイルズ/清水知子 訳
 新型コロナ──ポストヒューマン・ウイルス
 訳者解題

アレクサンダー・ガルシア・デュットマン/宮﨑裕助 訳
 共犯者
 補遺 オリヴァー・フォーゲルへの手紙
 訳者解題

エマヌエーレ・コッチャ/松葉類 訳
 世界規模の新たな隠遁生活を反転する
 訳者解題

ペーター・サンディ/吉松覚 訳
 ウイルス時代
 訳者解題

文学

ミシェル・ドゥギー/関大聡、高桑和巳、西山雄二 訳
 コロナ時評
 訳者解題

オーレリー・パリュ/渡辺惟央 訳
 カミュの『ペスト』、断乎として現代的な作品──ポストモダンの時代にこそ現代性の全容が現れるという逆説
 訳者解題

トーマス・シュタングル/福岡麻子 訳
 コロナ日記
 訳者解題

歴史

ブルース・キャンベル/大貫俊夫 訳
 疫病と歴史の「大遷移」──ブルース・キャンベルとの対話(聞き手:バスシェバ・デムース、ダゴマー・デグルート、ティム・ニューフィールド)
 黒死病とコロナ以後の歴史学の未来
 訳者解題

宗教

ジャン=ルイ・シュレゲル/伊達聖伸 訳
 コロナウイルス時代の宗教
 訳者解題

人類学

フレデリック・ケック/小林徹 訳
 アジアの虎たちと中国の龍──パンデミックに対する前哨地間の競合と協働(SARSからCOVID-19へ)
 訳者解題