刊行物
刊行

思想史の中の日本と中国 第I部: 歴史の「基体」を尋ねて

東京大学大学院人文社会系研究科教授でEAAメンバーの鈴木将久氏が「思想史の中の日本と中国 第I部: 歴史の「基体」を尋ねて」を翻訳し、東京大学出版会より刊行しました。

 

東京大学出版会ウェブサイトより

思想史の中の日本と中国 第I部: 歴史の「基体」を尋ねて

孫歌 著、鈴木将久 訳

【内容紹介】

何を論じれば中国思想を論じたことになるのか。それは日本人にとって他者なのか、自らをも顧みることなのか。現代中国の俊英が溝口雄三の方法や昭和史論争を読み解く。日中比較思想史の新展開。日中の彼此から歴史における客観性、政治、記憶のアクチュアリティをめぐる思索へと読者を誘う。

【目次】

クリオの顔――日本の読者へ
上編 中国の歴史の脈動に真を求める
 一 飢餓感と切迫感――生命感覚が躍動していた明末
 二 「已むを容れざる」――妥協を許さない観念感覚
 三 童心説――溝口雄三の思考方法
 四 立論しないこと――求められる思想史の修練
 五 「形而下の理」――オルタナティブな普遍の原理を求めて
 六 方法としての中国――経験の奥にある構造的な想像力
下編 中国の歴史の「ベクトル」
 一 「自然」と「作為」の結合
 二 人生に内在する形而下の理
 三 中国の公と私
 四 分有される法則――中国の歴史の「基体」
 五 郷里空間と郷治運動