刊行物
刊行

【刊行】世界哲学史 別巻 ―未来をひらく

東京大学人文社会系研究科教授でEAAのメンバーでもある納富信留氏と東洋文化研究所教授でEAA院長の中島隆博が編集した『世界哲学史 別巻 ―未来をひらく』が筑摩書房より刊行されます。

 

筑摩書房ウェブサイトより

世界哲学史 別巻 ―未来をひらく

伊藤邦武 、山内志朗 、中島隆博 、 納富信留 編集

【内容紹介】

古代から現代までの『世界哲学史』全八巻を踏まえ、論じ尽くされていない論点、明らかになった新たな課題について考察し、未来の哲学の向かうべき先を考える。

【目次】

1 世界哲学の過去・現在・未来(これからの哲学に向けて―『世界哲学史』全八巻を振り返る;辺境から見た世界哲学;世界哲学としての日本哲学;世界哲学のスタイルと実践)
2 世界哲学史のさらなる論点(デカルト『情念論』の射程;中国哲学情報のヨーロッパへの流入;シモーヌ・ヴェイユと鈴木大拙;インドの論理学;イスラームの言語哲学;道元の哲学;ロシアの現代哲学;イタリアの現代哲学;現代のユダヤ哲学;ナチスの農業思想;ポスト世俗化の哲学;モンゴルの仏教とシャーマニズム;正義論の哲学)