刊行物
刊行

危機の時代の哲学 想像力のディスクール

東京大学東洋文化研究所教授でEAA院長の中島隆博氏が『危機の時代の哲学 想像力のディスクール』を東京大学出版会より刊行します。

 

東京大学出版会ウェブサイトより

【内容紹介】

世界はいま危機に直面している。その危機に直面したときに試されているのが、我々の想像力であり、イメージの力なのである。その想像力を鍛えるのに最も重要なのは、批判(クリティーク)なのだ。いま最もアクチュアルに活動している哲学者・中島隆博が紡ぐ、危機の時代の哲学の実践へ。

【目次】

はじめに

第I部 近現代における哲学の批判
第1章 主権のパルタージュ(I)原子力と主権
第2章 主権のパルタージュ(II)民主主義と立憲主義
第3章 沖縄の語り方――大田昌秀と伊波普猷
第4章 記憶と正統――丸山眞男における法・暴力・歴史
第5章 不服従の遺産――1960年代の竹内好

第II部 近代日本における哲学の批判
第6章 関係概念としての東アジア,周辺としての東アジア――廣松渉と三木清
第7章 言葉の言葉――三木清の普遍性と宗教性
第8章 批判と道徳――クロード・レヴィ=ストロースと梅本克己

第III部 中国における歴史の批判
第9章 中国の歴史意識――歴史叙述と正しさ
第10章 統への欲望を断ち切るために――中国史学史
第11章 司馬遷『史記』の想像力――鳥,龍,星の友情

第IV部 東アジアにおける表象の批判
第12章 美学にとって「中国」とは何か――朱光潜の中国的モダニズム
第13章 線とオリエント――ヴァーチャル・リアリティーのもう一つの語り方
第14章 舌のない人間の様に――撫順炭鉱での沈黙

あとがき