刊行物
刊行

死者と霊性 近代を問い直す

東洋文化研究所教授でEAA院長の中島隆博氏の論文が収録された『死者と霊性 近代を問い直す』が岩波書店より刊行されます。

 

岩波書店ウェブサイトより

【内容紹介】

原発事故とコロナ禍は、否応なく見えざるものの力を思い知らしめた。見えざるものである死者たちと私たちの関係にも、いま新たな変化が生じている。末木文美士、中島隆博、若松英輔、安藤礼二、中島岳志、眼に見えない領域をめぐって独自の思索を続けてきた五名が、死者と霊性をキーワードに、来るべき時代について討議する。

【目次】

《提 言》近代という宴の後で┄┄┄┄┄末木文美士

《座談会》死者と霊性――末木文美士(司会)・中島隆博・若松英輔・安藤礼二・中島岳志

第Ⅰ部
はじめに――コロナ禍のなかで
死者とのつながり方
転換期としての二〇〇〇年代
二つの震災をめぐって
一〇〇年単位と一〇〇〇年単位

第Ⅱ部
「近代」のとらえ方
一九世紀のグローバル化と神智学
インドの近代と霊性
中国の近代と霊性
日本の近代と霊性
言語の余白について

第Ⅲ部
死者たちの民主主義
「政教分離」と「メタ宗教」
「宗教」と「国家」の再定義へ
「メタ宗教」の条件
天皇と国体をめぐって
哲学と宗教の再興に向けて

死者のビオス┄┄┄┄┄┄中島岳志

死者と霊性の哲学――西田幾多郎における叡知的源流┄┄┄┄┄若松英輔

地上的普遍性――鈴木大拙、近角常観、宮沢賢治┄┄┄┄┄中島隆博

「霊性」の革命┄┄┄┄┄安藤礼二

あとがき